LIVE ARTIST

CLASSIC・POPS・JAZZ

photo

戸口純トリオ

■ 戸口純's profile

5歳から作曲とピアノを始め、様々な様式で即興演奏をした。三善晃先生に和声、作曲などを、また、小林道夫、田中希代子先生にピアノを学ぶ。14歳で「ギターのためのソナチネ」を発表。立教大学法学部卒業後、ロータリー奨学金を得てイエール大学、ニュー・イングランド音楽院(ピアノ大学院ディプロマを取得、音楽理論修士号取得)、バークリー音楽院で学ぶ。ピアニストで元モスクワ音楽院教授のニーナ・レルチュク氏に長年師事。ボストンに20年近く在住し、日米欧で演奏活動をしてきた。マサチューセッツ州のオーケストラとブラームス、ラフマニノフ、ラヴェル、グリーグのピアノ・コンチェルトや自作のジャズ・ピアノ・コンチェルトなど多数共演し、ボストンやニューヨークでリサイタルや録音を重ねた。作曲したオペラ「白狐」の東京藝術大学での初演は賞賛を博した (台本は1910年代に岡倉天心がイザベラ・ガードナーの依頼で書いたもの)。その他代表的な作品には、オーケストラのための「夜はやさし」、萩原朔太郎の詩による「歌曲集」、「マリオネット・ソナタ」などがある。現在までにピアノ演奏CD「ショパンとドミニク」(DVD付き)、ショパン「24の練習曲」、ラヴェル「ピアノ作品集」、オリジナル作品集「スターレット・ドリーム」などをリリースしている。

■ 酒井麻生代(まきよ)'s profile

大津市出身。学生時代はクラシックを学び、「全日本学生音楽コンクール」「びわ湖国際フルートコンクール」などで、様々に受賞。独奏の他、吹奏楽団やオーケストラに所属し、演奏活動を行う。 大阪教育大学 教育学部教養学科芸術専攻音楽コース フルート科卒業。 2011年、ボストンに短期留学。 2012年、NHK番組の「ジャズライブ神戸」に出演。 2016年、ポニーキャニオンよりメジャーデビュー。 初のリーダーアルバム「Silver Painting」をリリース。 2017年、17名の女性ジャズミュージシャンで構成されるJazz Lady Projectに参加、キングレコードより「Cinema Lovers」をリリース。 2018年、ポニーキャニオンより2ndリーダーアルバム「展覧会の絵」をリリース。 2019年、ピアニスト大森聖子とのデュオユニット LaDew より、全曲オリジナルアルバム「Porte」をリリース。 2020年3月、同郷のピアニスト青木弘武との双頭アルバム「Lullaby Of The Lake」をリリース。 2020年11月、自身を中心とするブラジリアンバンドBanda Feliz、ファン待望のアルバム『Boa Viagem』をリリース。 都内を中心に、年間約240本のライブの他、テレビ出演やラジオ番組出演、その他、ジャズ、歌謡曲、演歌等、幅広いジャンルのアーティストのサポート、楽曲提供、レコーディングに多数参加している。

■ 川本悠自(かわもとゆうじ)'s profile

1978年生まれ。高校よりエレキベース、立命館大学ジャズ研にてウッドベースを始める。1999年京都大学Dark Blue New Sounds Orchestraで山野楽器BIG BAND JAZZ CONTESTにて優秀賞受賞。2001年頃より都内近郊のジャズクラブ等で活動を始める。これまでにサックス奏者山口真文氏、ドラム奏者ジョージ大塚氏、ピアニスト辛島文雄氏など日本を代表するジャズミュージシャンのバンドに参加。その他、女優の渡辺えり、坂東玉三郎、三宅裕司Light Joke Jazz Orchestraなどサポートやスタジオワーク多数。また作編曲家として演劇の音楽制作を多く手がける。主な作品に「おふぃす3◯◯40周年記念公演・肉の海」(2018・渡辺えり演出)「三軒茶屋婦人会・スワン」(2015・G2演出)。2021年、2ndオリジナルリーダーアルバム「One Step at a Time」をリリース。Yuji kawamoto Official Site


  • 6/7 Tue.
  • [Open] 18:30 [ 1st Stage ] 19:00 - 19:40 [ 2nd ] 20:00 - 20:40
  • [Offline Charge] ¥2,800+1order(1st , 2nd通し券) [ Online Ticket ] ¥1,500
チケットの購入